不定期更新ブログ ~ナカチャンダヨー~

ガンダムオンライン F鯖で指揮していたり歩兵していたり
不定期更新ブログ ~ナカチャンダヨー~ TOP  >  2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新配置タクラマカン 数字拠点地上配備ver.のメモ

もうなんだか指揮官アカになってきたような気がします。
地味に旧ザク縛りプレイでぼちぼち階級を上げていますが
それよりも、指揮官に入ることが多い。
すぐさまぽちってしまう。


そんなところで、今回は新配置タクラマカン 数字拠点地上配置ver.のメモ。
名前が長ったらしいのは気にしない。
あくまで、メモ。

恒例の初動における大体の両軍のルート。
地下水路は水泳部ルート。


takuramakan.jpg

これまでのタクラマカンの初動とほぼ同じです。
※3は省きました。


takuramakan1.jpg

右上のMAPを見ると分かりますが、大体こんな感じで動きます。
※メイン垢で撮影したss


takuramakan2.jpg
注目すべきは黄色の丸印。
見て分かるとおり、左右大きな壁で覆われています。
破壊は不可能。
まさに進撃の巨人で言う、ウォール・マリア。
中央は覆われておらず、初動で動くにはうってつけな訳ですね。

ですが。

この壁の配置と固定砲台やスキウレバストの位置、結構穴である。

まだ初動における戦略はこれ以外に固まっていませんが
数日したら変わる見込み有り。

尚、この戦場においては戦術核と強襲艦を出す事が出来るので
これもキーポイントになるかと。
大体は、水中通路or地上での核合戦に。
尚、水中に数字拠点がある場合、結構重要なのは考えれば分かると思うので割愛。


結構、壁と配置のおかげで戦術の取り方や考えが面白い事に。
これからじっくりと煮詰めていこうと思います。



おまけ。

gigan.jpg

ギガン可愛い。
スポンサーサイト
[ 2013/06/06 20:04 ] MAP考察 | TB(0) | CM(0)

ソロモン 三拠点のメモ

旧ザクプレイの日記なんてなかった(震え声)
ss撮り忘れて多くて、中々書けないんです、はい。

今回はようやくソロモン 三拠点について。
今回も基地内通路・地表と両軍の進行ルートを引いています。
(赤=ジオン軍、青=連邦軍)

まず、基地内。


soromon14.jpg

平行二拠点と同じく、南は最短ルート。
北・中央は地表から基地内への進入のみ。
(中央、南拠点からの行ける通路がありますが、ここは割愛)


次に、地表。
soromon15.jpg

中央から3へのルートは省かせて頂きました。

この二つのルートを見ていただければ分かりますが

①基地内南ルート
②地表から中央ルート

この二つが、現在においては主流でしょう。


特筆すべき点は、中央の大穴が埋められて数字拠点があることですね。

soromon16.jpg


平行二拠点、斜め二拠点ではあった大穴が、黄色い○で囲っている通りありません。
その点、地表と基地内の攻防や、MAPの映り方がはっきりするかなと。



もうすぐ新MAP実装と新たなDXガシャコンがきますが
戦略を練れば練るほど面白い。
ソロモンは、個人的には良MAPと言えます。



気が向けば、今夜中に初動での地表から中央凸でも書こうかと。
もし無ければ、新MAPベルファストにおいてのルート、初動について書くと思いますね。


[ 2013/06/04 18:07 ] MAP考察 | TB(0) | CM(0)

ソロモン斜め二拠点 地表ルートからの初動凸について

soromon12.jpg
最近の指揮ハツライネ(片言)

今回は斜め二拠点からの地表ルートからの初動凸について。
S鯖でこれも度々行われている様ですが、F鯖では全く見かけない。
はっきりと言えば、これをやるやらないとでは「段違い」と提言しておきます。

まずは恒例の基地内部からの進行。
X・A両方に40名(以降、北組)、YBを10名(以降、南組)と仮定しておきます。
(ここら辺は指揮官の人数配置考慮で)

soromon10.jpg

北組は少数は3、本隊はそのまま地表へ続く通路から2占拠へ。
南組はそのまま1を占拠後、地表へ続く通路から6占拠へ。

次に、前の斜め二拠点MAPで書きました大穴ルートがキモになります。


soromon4.jpg

ルート書いていないMAPを上書きしてしまったため、前回のを流用。
赤青ルートともに、頭から忘れちゃってください。
後日、ss撮れ次第差し替えします。
話は戻って両軍2・6占拠後、この大穴へ入り基地内へ進入。


soromon12.jpg

さて、見て分かる通り、黄色い○が地表から大穴に入って降下し、基地内への最短落下地点。
そこから拠点制圧orスルー凸が決まる流れです。
ここで見て分かるのは「右拠点スタートの方が最短である」という事。
左側はやや遠いといったところでしょうか。

尚、基地内通路からの進行と地表から大穴ルートだと
時間差は大いに出てきます。
Twitterのフォロワーさんが計測して教えて頂いた情報ですが
誤差含め10~20秒の差が出てきたとの事(ブースト吹かし無し、自然落下)

早めに先手を打てれば優位に立てるのはどのMAPでも言える事ですが
ソロモンにおいて、特に重要と言えるでしょう。

メリットデメリット等に関しては、まずご自身で考えて頂けると幸いです。
その上で、この初動を取る取らないでの有利不利差が出てくる。
私はそう考えております。




[ 2013/06/03 15:30 ] MAP考察 | TB(0) | CM(0)

ソロモン 並行2拠点のメモ

指揮官画面からss撮影なので、見辛いとは思いますがご容赦を。


基地内。

soromon6.jpg

地表。※今回も3はスルーで割愛

soromon7.jpg


斜め二拠点と違うのは、見た通り南が最短ルートで凸できるところですね。
なので、両軍とも南に比重を置いて拠点制圧→敵本拠点へのゴリ押しが多いと思います。
そこで、北のルートが重要視されます。
両軍せめぎ合ってライン戦になっていた場合、先に北の数字拠点を制圧して先手を取れると有利になれるかと。
勿論、南は維持or相手数字占拠が理想ではないかなぁと思います。
また、地表は勿論重要なので疎かにはできないですね。

後は、前の斜め二拠点でも書きましたが、地表からの大穴。
斜め二拠点では右が即、数字拠点制圧までの距離が短いので有利ととれる点でしたが
今回はどちらも同じ距離なので、五分、といったところでしょうか。


あと、あまり活用されていない通路が一つ。


soromon8.jpg

黄色の丸で囲っているこの部分ですね。
実際に見たssだとこんな感じ

soromon_1.jpg



soromon9.jpg

線、大雑把なのはキニシナイデネ。
まだまだどういった戦略をとるか、その余地は大いにあると思います。


[ 2013/06/02 13:59 ] MAP考察 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。